活⽤事例

トップ活⽤事例 > 株式会社 武山精密

⼤企業と地域企業の「プロ⼈材」情報 交換

株式会社 武山精密

所在地
愛知県高浜市田戸町四丁目6番地25
業種
製造業
従業員数
42名
事業概要
精密金型・金型部品製作、試作金型・試作成形製作、評価・分析 等
https://www.aichi-projinzai.jp/case/%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be-%e6%ad%a6%e5%b1%b1%e7%b2%be%e5%af%86/

経緯・背景

創業よりプラスチック金型の設計・製作、射出成形を一貫して行っており、自動車部品中心にグローバルに使用されている。プラスチック金型は新工法・設備・材料のたゆまぬ開発によって多様化し、適用商品の裾野を広げ商品価値を高めている。
「金型技術で未来を創る」とういう経営理念に基づき成形金型の先端を歩み、とりわけエンプラ・スーパーエンプラ用金型で車の軽量化を牽引してきた。
今後は航空機部品などの他分野への展開も含めステップアップを図り、試作開発・製作・生産といった総合メーカーを目指している。

課題

最新設備導入などには力を入れていたが、人材育成や組織力向上に向けた取り組みは希薄となっていた。新しい技術が求められる中、組織力・技術力の向上を重要視する一方、自社内に知見・経験のある人材の不在が課題であった。

拠点による取り組み事項

当初、人材採用力の不足による人材不足に対する課題解決として訪問した。ヒアリングの中で、先方ニーズ人材を採用することが課題解決ではなく、会社・事業の方向性を明確にし、その中で必要人材を再度洗い出す提言をし、共に実施した。大手企業出身者に当初抵抗があった中、業務品質の向上のためには知見と経験のある人材が必要と説得し、大手メーカー向けに人選を依頼して結果採用決定となった。

採用企業の声

ハローワークなど、従来からの求人方法に限界を感じていた中、「大企業との人材交流スキーム」のお話を聞き、人材不足を解消する願ってもないチャンスと判断しました。採用直後より弊社企業ビジョン実現に向けた課題の掘り起こしと解決力アップの作戦策定を進めており、スピード感とリアリティが生まれてきました。

採⽤したプロ⼈材情報

⼊社時期:
2018年3月
年齢:
50歳代
業務:
生産技術担当・組織運営補佐

Copyright 2012 by AIBSC.JP All Right Reserved