活⽤事例

トップ活⽤事例 > 中外国島 株式会社

⼈材ビジネス事業者をマッチング

中外国島 株式会社

所在地
⼀宮市⼤和町⾺引字焼野48
業種
製造販売業
従業員数
64名
事業概要
紳⼠・婦⼈服地の企画・製造・販売、紳⼠・婦⼈服の企画・製造 販売、貿易業務、不動産賃貸事業等
https://www.aichi-projinzai.jp/case/%e4%b8%ad%e5%a4%96%e5%9b%bd%e5%b3%b6%e3%80%80%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be/

経緯・背景

スーツ地を主力とするウール生地メーカー、1850(嘉永 3)年創業、当地の毛織物メーカーとしては老舗である。アパレルや小売企業などとの打ち合わせを通じての商品開発に重点を置き、製造拠点は一宮工場(愛知県)、上海工場(中国・独資)の2拠点である。独自の品質管理手法により、美しい風合いに加え、縫製後の美しいシルエットの表現を追及している。現在の伊藤核太郎社長が就任して8年になるが、顧客の要望に応えるだけの営業体制では、今後の成長は難しいと感じていた。

課題

従来の営業は、取引先小売店の商品部などの仕入れ窓口との商談が主であった。しかし、エンドユーザーである消費者と接するのは店頭の販売員である。そこで、店頭へ向けた販売促進において取り組みを強化することとした。メーカーポジションにおける営業活動が習慣となっていた営業体制では、営業スタイルを変革することは難しいため、マーケティングに精通した小売店の経験がある営業担当が必要であった。
また、小売店の経験がある人材を採用することにより、商品企画の段階から「どのように販売するか」という点に取り組むことができる。

拠点による取り組み事項

サブマネージャー2名が訪問し、伊藤社長へのヒアリングなどを通じて、アパレル関係小売店における経験に加え、「着る喜びまで考えた商品開発力や、ものづくりの理念を店頭に伝えるマーケティング活動」ができる人材といったニーズを明確化し、新たな営業体制の構築に向けたプロフェッショナル人材の獲得に向けて人材ビジネス事業者への取りつなぎを行った。

採用企業の声

新たな営業体制の必要性を感じ、取り組み始めたときに、プロフェッショナル人材事業との関係性を持ち、幅広くプロフェッショナル人材の紹介を受けることができたのは、良いタイミングであったと思います。

採⽤したプロ⼈材情報

⼊社時期:
2017/1/11
年齢:
30歳代
ポスト:
課⻑相当
業務:
紳士服営業部における商品企画

Copyright 2012 by AIBSC.JP All Right Reserved